任意売却のやり方。家の売却方法纏め

任意売却のやり方。家の売却方法纏め

自分が持っている不動産を、自らの手で売却することを任意売却と呼んでいます。不動産屋さんにお願いして売却を行うのも任意売却ですし、不動産のオークションに参加して売却を行うのも任意売却です。自らの意思に反して売却を行うたとえば、物件を購入するときにローンを組んで購入したがそのローンが払えずに、債権者が抵当権を利用して裁判所に競売の申し立てを行って売却を行った時の売却とは正反対の性質を持っている売却の方法となっていて、一般的に裁判所の競売の対義語として広く使われています。裁判所の競売が行われると、物件の評価額が随分と下がってしまいますが任意で売却を行うとその評価額が競売のものより高くなるのが、通常になっています。

 

競売よりも売却価格は高め

 

裁判所の競売にかかってしまった人が、裁判所での入札が始まる前までに任意で物件の売却を行うことも珍しいことではありません。裁判所の競売にしろ、任意の売却にしろ物件を手放さなければなりませんから、売却を行った後の生活のことを考えて少しでも高く売りたいと考えて任意の売却を行う人も多くなっています。ですが裁判所の競売にかかってしまった後での、任意売却には注意をする必要が出てきます。それは裁判所へ競売の申し立てが行われた後での任意の売却には債権者の同意が必要になってくるということです。債権者の同意が得られなければ任意で売却を行うことはできません。そのため普通の売却と違い自分の意思のみでの売却は難しくなっているのが現状です。不動産屋さんでも申し立てが行われてしまった物件は債権者との話し合いをしなければならず、取り扱う業者も数少なくなっています。裁判所へ競売の申し立てが行われた物件の任意の売却は難しくなっていますので注意が必要です。
そんな中で競売の申し立てが行われた物件を、任意で売却する専門業者も現れてきています。豊富な知識と経験で債権者との話し合いを進めて任意で売却を行っていきます。普通競売を申し立てられると債務者と債権者との話し合いはとても難しくなってきます。ですからこの専門業者は中に立つという感じで話を進めていきます。これらの専門の業者を利用して裁判所の競売を回避した人も数多くいます。そして競売にかかって売却するよりもはるかに多くのお金を手にして、無事に債権者にお金を返し終え安心して生活している人もいます。

 

 

強制的に立ち退くことはあまりない

 

 

また、裁判所の競売ではその物件を買い受ける人が出てきたときには、その物件に住んでいた人は強制的に立ち退きをしなければなりません。長い間住んでいた家を手放すのは忍びない人もたくさんいます。お金はないけどできればずっとこの物件に住んでいたいという人も数多くいます。そんな人たちのために、任意売却の専門業者ではリースバックという手法を使って家を手放すことなく、そのまま住み続けていられる方法も行っています。これは専門業者が入札で物件の買受人になりそのまま物件を残したままで、債務者に今までの物件を賃貸してもらうという方法になります。債務者が物件を取り戻したいという考えであれば、入札した金額を業者に差し入れることで、いつでも物件は返却されます。このように専門業者では様々な方法を使って裁判所の競売を、回避する方法をとっています。
このように任意売却には、自分が希望して売却をするというやり方と自分は希望しないのに売却をされてしまうという裁判所の競売。でもこの競売を回避するための任意の売却があることを知っておきましょう。前者の場合は家を手放すことになりますが、後者の場合は家を手放さなくてもよい方法もあるということを覚えておいてください。最近は不動産で収入を得るために一度物件を購入して、時期を見計らい価格が上がった時点で任意の売却を行って多くの収入を上げている人も多くなってきています。売却を行いそこで得た収入をまたほかの物件の購入費用に変えて、資産を蓄えている人も多くなってきています。大手の不動産屋さんや、建築業者の中にはセミナーなどを行ってより多くの収入を上げていくための売却の方法などのセミナーを行う業者も多くなってきています。マンションやアパートなどの物件を一棟丸ごと購入してそれを賃貸に出して収入を上げている人たちも多くいます。任意の売却を繰り返すことで、最初に持っていたお金が何倍になっている人も多くいます。また民間のオークションを利用して物件の価格が上がってきたころを見計らって売却をしている賢い人たちも多くいます。
任意の売却のいいところは、条件が整えば高額で売却ができるという点で、それを資産の形成に充てる人もいますしただ単に住む家を変えるために売却を行う人もいることを知っておいてください。また専門の業者などの仲介を通さずに、自分の知人や友人に売却を行う人もいます。この場合はさほど経費もかかることもなく、より多くのお金を手にすることも可能になっています。